【Zガンダム】ブレックスがもしグリプス戦役を生き延びていたらどうなってただろう? - ガンダムブログ(情報戦仕様)

    新着記事

    人気記事

    【Zガンダム】ブレックスがもしグリプス戦役を生き延びていたらどうなってただろう?



    1: 名無し 2020/09/24 06:35:00

    もしグリプス戦役を生き延びていたらどうなっていただろう?
    3: 名無し 2020/09/24 06:41:16
    >1
    修理と補給のために寄港したシャングリラで
    ヤザンの乗ったプチモビに殴られサエグサと共に死亡
    4: 名無し 2020/09/24 06:42:12
    サエグサは死んでねーって言ってんだろ
    5: 名無し 2020/09/24 06:44:42
    シャアの離脱率が下がるからかなり平和になると思う
    12: 名無し 2020/09/24 07:05:40
    >5
    アーガマにシャアが残っていた場合
    シャングリラに着いた早々やって来たアクシズのエンドラと揉めて
    シャアが生きているとハマーンに報告されて
    シャアを連れて行こうとネオジオンの総戦力がシャングリラに集結
    6: 名無し 2020/09/24 06:51:51
    政治は正しければ皆が納得するってものでもないからなんとも言えん
    ティターンズを制圧したとしてその後強固な多数派派閥を形成できるかだな
    7: 名無し 2020/09/24 06:53:41
    ZZの連邦ってZ以上に腐ってるからなー
    17: 名無し 2020/09/24 07:11:12
    >7
    そりゃまともなのが多けりゃそもそもティターンズの専横に対抗するわけで
    8: 名無し 2020/09/24 06:53:48
    この人は軍人というより政治家っぽいのでそっち方面で活躍しそう
    11: 名無し 2020/09/24 07:02:40
    珍しく高潔そうな連邦高官だよね
    何で後釜にメッチャーみたいな俗物が
    14: 名無し 2020/09/24 07:06:46
    思い返すとエゥーゴって烏合の衆だよね
    15: 名無し 2020/09/24 07:07:54
    そもそも反ティターンズで集まっただけの集団にアナハイムが金出してるだけだからな
    27: 名無し 2020/09/24 07:32:53
    >15
    元々正規兵じゃない奴まで参加しているしな
    16: 名無し 2020/09/24 07:08:55
    最前線の最強部隊が寄せ集めっていうか戦力になりそうなのが数人しかいないというか
    TVに出てないだけでジャックベアードとか色々いたらしいけど
    21: 名無し 2020/09/24 07:17:48
    エゥーゴはZZの時点で瓦解が始まってるからなぁ
    24: 名無し 2020/09/24 07:22:29
    >21
    設立当初の理念持った人は大体消えてしまったからな
    26: 名無し 2020/09/24 07:24:03
    >24
    というよりティターンズ崩壊で当初の目的が消えてしまったので存在する理由が無い
    さらに生き残り組織としては連邦で最大派閥なので当たり前のように堕落する
    29: 名無し 2020/09/24 07:40:13
    >No.776626200
    A.E.U.G.(Anti Earth Union Group)
    =反地球連邦組織
    と書くが地球連邦そのものを打倒する気は無くて、ティターンズを倒すのが目的だからね
    10: 名無し 2020/09/24 07:01:57
    Z最初の方のお偉いさんが無理して前線にいる感じが何か好き
    19: 名無し 2020/09/24 07:17:18
    あんなビジネスホテルに護衛も付けずに泊まるのは無茶やで…

    シェアする

    ガンダム記事
      最新記事
        


      コメント
      1. 名前:匿名 投稿日:2020/09/24(Thu) 10:11:27 ID:7d586be4a

        まあ生きてればシャアの離脱は無くなるな、ファミコンであるがゆえにブレックスを父の様に慕ってるし
        そもそもダカールの演説辺りから大きく歴史が変わるだろ、ブレックスが上手く間に入って完璧なネオ・ジオンとの協和ができれば敵はティターンズのみになるんだし

      2. 名前:名無し 投稿日:2020/09/24(Thu) 10:50:48 ID:733abb23f

        准将の死が割と重要な転機というかダカール演説も准将がしただろうしシャアの離反もなかったかもしれん。
        アクシズへの対応もティターンズが崩壊するまでは少なくとも悪くはなかった可能性が高いしエゥーゴの消耗も少なく済んだだろうからアクシズとはいずれ戦争が起きるにしてもエゥーゴ+連邦軍で当たれば長期化は免れたかもしれん。
        ただしそんな人物を生かしてはおかないのが富野という監督。

      3. 名前:匿名 投稿日:2020/09/24(Thu) 11:31:57 ID:b8457930d

        こいつが生きてる場合、エゥーゴが保有する連邦議員資格持ちが失われないから、グラナダへのコロニー落としのあと、ダカール演説以前にティターンズ討伐の議決とれる可能性あるんだよね。
        そうするとコロニーレーザー完成前にティターンズ・アクシズ同盟軍VS連邦軍になって、ZZ前にアクシズは瓦解しただろうし、カミーユ無事でブレックスも生きていればCCAも起きないだろうね。
        シャアがカミーユとファを誘って木星圏に旅立って、ブレックスはヘンケン、ブライト、ハヤト、アムロを傍において内部改革とかしていれば面白いかも。
        一応、CCA映画パンフのアムロは内部改革を自分の手でやるべく発言力気にしてるしな。

      4. 名前:匿名 投稿日:2020/09/24(Thu) 11:50:32 ID:d1b03c5fc

        でもブレックスとシャアが同じベッドで寝る態勢じゃないと暗殺防げないよ

      5. 名前:匿名 投稿日:2020/09/24(Thu) 12:00:21 ID:ad50a260b

        >>29
        > A.E.U.G.(Anti Earth Union Group)
        > =反地球連邦組織

        ゲームとかメディアでは地球連邦と一緒くたにされることが多いのに名前は反連邦なんだよな
        今は亡きガンダムウォーとか

      6. 名前:匿名 投稿日:2020/09/24(Thu) 12:57:02 ID:b5279487c

        米5
        まあこの人含め上層部の大半は連邦軍で、そこに民間人や一部のジオン兵が混じってるって感じだしね
        デラーズ紛争後〜グリプス戦役中頃まではティターンズが連邦の代表ヅラしてたし『反ティターンズ組織』じゃ物騒だから都合よく名付けやすかったのかもしれん
        後のシリーズにも反連邦組織を名乗る奴等出てくるけど、そいつらはジオン残党だったり全然関係無かったり、中には単なる盗賊紛いなのもいるし反連邦って名前事態が使いやすいんだろうな

      7. 名前:匿名 投稿日:2020/09/24(Thu) 16:37:39 ID:8d7d8d870

        こいつが生きててもシャアは何だかんだで裏切るだろ

      8. 名前:匿名 投稿日:2020/09/24(Thu) 22:29:36 ID:9ee300a01

        だいたいアクシズの脅威のエゥーゴ編になるだろう

      9. 名前:匿名 投稿日:2020/09/25(Fri) 12:41:10 ID:74d484042

        ※7
        と言うかシャアが裏切る為に殺された感が

      10. 名前:匿名 投稿日:2020/10/05(Mon) 13:49:58 ID:0ff576316

        元々が政財界に通じる大者だし、保守派のゴップ系派閥は
        淘汰されてたろうな、ジョン・バウアーのようなエゥーゴより
        の多くの議員が増えて、反乱に対する軍備の増給に対する即応性も
        高まるだろう。ようやく連邦が地球圏をアースノイドとスペースノイド
        分け隔てなく配慮する政府形態になってたと思う
        ・・・シャアは逃げてただろうがw

      11. 名前:匿名 投稿日:2020/10/18(Sun) 21:06:15 ID:6131da6a7

        ガンダムZZと逆シャアがなくなり、
        カミーユがどこまで伸びるかを、アムロと和やかに
        アルテイシアが運んできた紅茶を笑って飲んでいそうだ

      12. 名前:  投稿日:2020/10/29(Thu) 23:37:37 ID:3877d6e95

        暗殺された時なんでシャアは一緒じゃなかったのかな

      ガンダム記事

      新着記事

      人気記事